展覧会

特別展 金子みすゞの世界

2022年08月27日〜2022年10月23日
金子みすゞ展ちらし
金子みすゞ展ちらし
会場
北海道立文学館
観覧料
一般700(560)円
65歳以上の方450(360)円 
高大生450(360)円
小中生300(240)円 
休館日
月曜日、ただし9月19日、10月10日は開館し9月20日、10月11月休館
リンク

展示内容

山口県出身の童謡詩人・金子みすゞ(1903~30年)は、20歳の頃から童謡作品を雑誌に投稿し、西条八十から称賛されました。26歳の若さでこの世を去り、長らく「幻の童謡詩人」と語り継がれてきました。1982(昭和57)年、童謡詩人の矢崎節夫が手書きの三冊の童謡集を発見、『金子みすゞ全集』を刊行すると、みすゞの名は次第に世に知られるようになりました。
 多くの人が見過ごしてしまいがちなものの存在に目を向けたみすゞの童謡は、現在でも多くの人に親しまれています。本展では、みすゞの生涯や彼女の童謡の世界を中心に、大正期の童謡運動や北海道の童謡などもあわせて紹介します。

このページをシェアする