展覧会

スポット展示「文学としての刊本作品Ⅱ」

2022年08月27日〜2022年10月25日
会場
古河文学館
観覧料
一般200円
小中高生50円
休館日
月曜日、祝日の翌日、第4金曜日
リンク

展示内容

幻の美書といわれる武井武雄作「刊本作品」(全139冊、永井路子氏寄贈)を、絵だけでなくその物語に注目して紹介します。今回は昭和30年までの作品と専用本箱「本の城」を4台程度を陳列予定です。

このページをシェアする