展覧会

企画展「樋口一葉 生誕150年 我が筆とるはまことなり―もっと知りたい樋口一葉」

2022年09月17日〜2022年11月23日
会場
山梨県立文学館
観覧料
一般:600円(480円)
大学生:400円(320円)
※( )内は団体料金
高校生以下の児童・生徒:無料
県外シニア(65歳以上):600円
県内シニア(65歳以上) :無料
障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方:無料
11月20日:県民の日につき、どなたでも無料でご覧いただけます。
休館日
月曜日(9月19日、10月10日は開館)10月11日
リンク

開催概要

樋口一葉 (1872~1896) は、逆境のなか職業作家としての道を切り開き、24年の短い生涯に「たけくらべ」「にごりえ」など、近代文学史に残る名作を残しました。両親が山梨県甲州市塩山出身で、甲州の親戚や知人との交流、山梨を舞台にした作品の執筆など、山梨と深い関わりがあります。 本展では激動の時代を生きた一葉の生涯と作品の魅力に迫ります。

このページをシェアする