展覧会

特別展「花袋大解剖ーみんなが気になる花袋のアレコレー」

2022年10月22日〜2022年12月11日
会場
田山花袋記念文学館
観覧料
一般個人220円
一般団体110円(20名以上)
中学生以下無料
休館日
月曜日、11/4(金)、11/24(木)
リンク

展示内容

田山花袋は、明治大正期に自然主義文学運動の旗手として活躍し、「上毛かるた」に「誇る文豪」として詠まれる群馬県を代表する作家です。しかし、近年では出版状況の変化に伴って文庫本の絶版が相次ぎ、花袋という存在や作品に触れる機会は減少しています。こうした状況のなか、当館では来館者アンケートを実施し、 花袋に対する興味関心の所在の把握に努めてきました。本展では、みなさんが花袋について疑問に思っていることの中から、アンケートに多く寄せられた意見を抽出し、主に次の6つのテーマに沿って取りあげます。《1》館林での暮らし《2》博文館での仕事《3》「蒲団」のモデルと花袋《4》夫・父として《5》花袋を取り巻く女性たち《6》親友・柳田国男との交友それぞれのテーマにおいて、みなさんの疑問に答えながら、とくにこれまで広く知られていなかった部分に焦点を当てて紹介します。展示を通じて、花袋の新たな一面を発見し、花袋とその作品 についてさらなる理解を深めるきっかけとしていただければ幸いです。

このページをシェアする