展覧会

神宮百年の森―都会に造られた森の自然と文学―

2022年11月01日〜2023年01月09日
会場
白根記念渋谷区郷土博物館・文学館
観覧料
一般 100円(80円) 小中学生 50円(40円)
※( )内は10名以上の団体料金
※60歳以上の方、障がいのある人と付き添いの人は無料
休館日
月曜日(休日の場合はその直後の休日以外の日)・年末年始

明治神宮は、令和2年(2020)にちょうど鎮座100年を迎え、その鎮守の森は100年の月日とともに都会では珍しい自然の宝庫となっています。人の手によって作られた森の成長過程とともに、そこに生息する主な動植物を、写真パネルを使いながらご紹介します。また文学作品にも明治神宮の森は題材に使われており、それについてもあわせて展示します。

このページをシェアする