展覧会

草野心平の旅 所々方々

2024年04月20日〜2024年06月23日
会場
いわき市立草野心平記念文学館
観覧料
一般440円(350円)
高・高専・大生330円(260円)
小・中生160円(130円)
()内は20名以上の団体割引料金
休館日
毎週月曜日、4月30日、5月7日(4月29日、5月6日は開館)
リンク

内容

 詩人・草野心平(くさのしんぺい 1903~1988 )は、「天」「富士山」「蛙」「石」などを主題に、生涯で 1,400 余篇の詩を残しました。心平は、詩だけでなく、多様な分野で精力的に活動しましたが、その一つが国内外への様々な理由での移動、つまり「旅」です。心平は弱冠18 歳で中国広州に渡り、嶺南大学に入学しましたが、在学中も香港や韶関(しょうかん)に著名人を訪ねたり、帰省中に京都や水戸に足をのばしたりと、ごく若い頃から移動をいといませんでした。
 本展では、心平の「旅」を取り上げ、心平が訪れた国内外の各地を紹介しながら、「旅」を主題とした心平の作品、関連する自筆原稿、書、画、書籍や身のまわりの品等を展観し、新たな視点での詩人の魅力を紹介します。

このページをシェアする