展覧会

歌人・大西民子生誕100周年記念展示「ひゃくひゃくー埼玉県歌人会が選ぶ、大西民子百首選ー」

2024年05月01日〜2024年07月07日
会場
大宮図書館 文学資料コーナー
観覧料
無料
休館日
なし
リンク

展示内容

今年は大宮ゆかりの歌人・大西民子の生誕100年、没後30年の記念の年です。

大西民子は1949年、25歳の時に大宮に移り住んでから歌人・木俣修に弟子入りし、自身の日常生活を赤裸々に詠んだ第1歌集『まぼろしの椅子』で注目を集めました。その後歌人としてめきめきと頭角を現し、『風水』で迢空賞を受賞、1992年には紫綬褒章を受章しました。

今回、埼玉県歌人会の協力のもと、「あなたが選ぶ大西民子の好きな歌」として民子の歌百首を選んでいただきました。今を活躍する歌人たちは、民子の歌にどんな想いをいだいたのか。自筆資料とともに埼玉県歌人会が選んだ「大西民子百首選」をご紹介します。

生誕100年になった今、皆さまに改めて民子の歌の魅力を感じていただければ幸いです。

このページをシェアする